2017年04月03日

これからFXを始める新社会人さんへのメッセージ  FXで勝ち続けるための唯一の方法について (裁量トレーダー編 若菜)


フリーダム (Freedom) とは、英語で「自由」

一般論では、誰から束縛されずに
言論、表現、思想などを表明できることや、
痛み、苦しみ、差別、飢餓などから
解放された状態のことを言います。

私たちが目指したフリーダムは
「会社と言う組織に縛られないで好きな事をして生きていく」
というものでした。

そして私たちは投資で、
フリーダム(自由)を手に入れました。

10-31.jpg


どうして、自分が買うと価格は下がり、
自分が売ると価格は上がりはじめるのか?

なぜ、自分が損切りをしたら、
その損切りを待っていたかのように
価格が上がり始めるのか?

なぜ、自分の思惑とは逆に価格が動くのか?

トレードをしていて、そう思ったことはありませんか?

その秘密はチャートの価格を動かしている
大多数のFX投資家の心理(大衆心理)にあります。

チャートから大衆投資家の行動心理、
大衆心理を読み解く事が出来れば、
あなたは大衆心理に飲み込まれることなく、
大衆心理を利用して利益を上げる事ができます。

実際に過去4年半にわたり
月間ベースで負けた事がなく、
リーマン・ショックの時には
大衆投資家の心理を利用して
自身の投資資金を10倍以上に増やすことに
成功したのがプロトレーダー。

チャートを動かす大衆心理を利用して
相場から利益を上げる事が出来るようになる、
そんな知ってるだけで得する相場の法則を
公開しています。

もし過去の自分とさよならして、
これからは勝つトレードがしたいと思っているなら、
本当の相場の法則を、しってください。

10-30.jpg

「なぜ、自分の思惑とは逆の方向に価格が動くの?」

「誰かが自分のトレードを後ろから見ているんじゃ・・?」

トレードをしていて、こう思ったことはありませんか?

実際、過去に個人投資家を対象に
行ったアンケート結果では、

「投資をやっていて、嫌になることは何ですか?」

という問いに対して一番多かった答えが

「買ったら下がる。売ったら上がる値動き」でした。

つまり、ほとんどの人は
自分の予想と逆に相場が動き、
損をしているということです。

では、

なぜ、価格は買えば下がり、売れば上がるの?

それは、

ほとんどの場合、投資家であるあなたが、
相場の世界において決定的な間違いをして
しまっていることにあります。

「利益を上げている人の売買を真似しているのに
 自分だけどうしてダメなんだろう?」

もし、そう思うなら特に危険です。

利益を上げている人と同じ銘柄で売買したり、
テクニカル指標を使って売買するといった具合に
利益を上げている人の売買を表面的に真似しても
トレードでは勝てません。

利益が上がるトレードをするために、
まず、あなたが知らなければならないことがあります。

それを知って初めて、
トレードで勝つことができるのです。

FX投資家の心理(大衆心理)がチャートの価格
を動かしているということです。

トレードは、チャートに向かってするものですので、
トレーダーの心理としては、チャートを相手にしている
かのように感じます。

ですが、あなたが相手にしているのは、
あなたと同じように、大切なお金をかけることに不安を感じ、
値動きの上下に一喜一憂する、同じ人間です。 

決してチャートそのものではありません。

まずは、このカラクリを知ってください。

どうして、あなたが買えば下がり、売れば上がるのか?

その真実が分かります。

この真実を知っていれば、
あなたは不安なくトレードが
できるようになるでしょう。

10-30.jpg



相場というのは、

「安く買って高く売る、高いときに 売って安く買い戻す」

という行為を繰り返すことであり、
商売となんら違いはありません。

設備に投資し、その設備によって
投資金額の何倍もの額を回収する。
こういったものも投資です。

目の前のチャートに向かって、
クリックを繰り返すことだけが
投資ではありません。

では設備投資をし、それを
利益につなげることに魔法のような
投資法はあるのでしょうか?

あなたが知りたいのはここですよね。

もちろんそのようなものはありません(笑)

誰もが利益を得られるわけではなく、
失敗のリスクも考慮しなければならないのは、皆知っています。

にもかかわらず、トレードに関してだけは、
まるで勝っている人が特別な方法を
知っているかのように考えてしまいます。

また、そう思わせるような情報が氾濫しています。

ですが、そんなものにお金をつぎこむだけ無駄です。 

相場で勝つためには、
そして勝ち残るために必要なものは
そこにはありません。

つまり、 何か方法を知ったら
突然勝てるようになるというものは
存在しません。

トレードを行うとき、そして
なんのためにするのかを考えるときに、
一攫千金を夢見てその方法を求め続けることが
目的となっているのならば、少し考え直す必要があります。

実は、トレードは稼ぐことを
目的としてするものではありません。

正しいトレードをすることだけを
心掛けた結果、富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、
安定して勝っているトレーダーほど、
特殊なことはしていません。 

「理にかなった」ことをしているのです。

そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?

相場で勝つためには、
そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

10-30.jpg

相場があなたのトレードと相場が逆に動くのは、
相場を動かしているのが、経済的要因ではなくて
FX投資家の心理(大衆心理)がチャートの価格
を動かしているということだからです。

あなたが相手にしているのは、あなたと同じように
大切なお金をかけることに不安を感じ、
値動きの上下に一喜一憂する、同じ人間です。 

決してチャートそのものではありません。

なので、

まずは
「チャートを動かす大衆心理のカラクリ」を
知ってください。

相場を動かす大衆心理がどうなっているのか?
そのカラクリを知ってください。

それは、知っているだけで
あなたが得する相場の法則です。

さらに、
そのカラクリを知った上で、
どういった手法を使えば利益をだすことができるか?

その具体的な方法をトレードマニュアルの
中でお教えしています。

このトレードマニュアルの著者は、
維新の介(いしんのすけ)さん

維新の介さんを知らない方のために紹介します。

大阪在住の専業トレーダー。
独自のテクニカル分析理論に定評があり、
 とにかく「負けない」トレードを得意としています。

デイトレード中心で、この2年ほど
1 日単位での負けはほとんどありません。

個人トレーダーとして雑誌紹介、講師依頼等多数。 

そんな維新の介さんのトレードマニュアルです。

私は裁量トレードを維新の介さんから学びました。

これからFXを始めて、稼ぎ続けたいと思うのでしたら
まずこの書籍で相場の基本と、原理原則を知ってください。

ただし・・・・・

このの裁量トレードマニュアルは
ドラストFXのような、売買サインが出る
トレードテクニックではありません。

習得するのは簡単ではありませんので
取り組む方は、覚悟して参加して下さい。

最近の若い方は(私もまだ若いですが)
習得に時間のかかる裁量トレードを
覚えようとはしません。

売買サインの出るツールばかりに頼っています。
サインだけで勝ち続けるのは、はっきり言って難しいです。

会社員の方が副業で時々トレードするのなら
サインだけでもいいですが、専業トレーダーとして
これから相場の世界で生きていくのでしたら
売買サインだけのトレードではダメです。
そのサインが有効かどうかを見極める能力が必要です。


持っていたとしても、この裁量トレードを習得した方が
更に勝率の高いトレードが実現できます。

トレードというのは、絶対的な正解のないゲームですから
闘うための武器は、多いほうがより有利なのです。

会社員トレーダーの方が、副業でトレードするのでしたら
サイン系のツールを使えばいいと思います。

ですが専業トレーダーになって、これから数十年間
トレードで勝ち続けたいと思うのでしたら
裁量トレードを習得しないと、難しいと思います。

相場の世界では一時的に大金を稼ぐ方は
これまでにたくさんいらっしゃいました。

ですが過去形で書いているように
今生き残っている方は、ほとんどいません。

私の知り合いで、トレードで一時的に6億円を稼ぎましたが
その後資金がゼロになり、相場から退場した方もいました。

相場の世界で10年勝ち続けるのは
司法試験に受かるのと同じくらい
難しいと言ってもいいでしょう。

だからまず最初にこの書籍で相場の基本を学んでください。




常勝トレーダーが隠してきた裁量トレードの教科書
先進のFXビクトリーメソッド 【アドバンス】 完全版

これは上級者向けです。
まずは上記の書籍で勉強してください。

banner2_88-550.gif

10-30.jpg

550---JPG.jpg
posted by 若菜 at 18:39| Comment(0) | 裁量トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

------------------------------------------------------------------------------
YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
------------------------------------------------------------------------------
人気記事